手造り室蓋式せいろ糀


小松屋のおみそや甘酒は 糀が決め手!!


おみそにしても甘酒にしても何と言っても糀がよくできないとおいしい商品は作れません。
糀が決め手!と言うくらい糀づくりが大切です。もちろん国産米100%使用。
米を洗ってからほぼ4日間かけて昼夜を問わずつきっきりで醸します。

米洗い⇒蒸し⇒種付⇒床入⇒床もみ⇒盛り(胴積)⇒広げ(切返し)⇒仕舞仕事⇒夜中も温度管理⇒出糀

と、丸二日間は室の中の温度調節などに気を使い糀の(米の状態)様子をよく見て育てていきます。

勿論各メーカーの使う菌体も大切ですが、スタートの蒸しの引込み温度や気温によって微妙に違うので、本当に1回1回職人技です。只今、小松屋の5代目唯史がこつこつ大正・昭和時代からのせいろ(木箱)を大切に使いながら手をかけ気をかけ心を込めて手造りしております。
3月末までは1年分の各おみそを仕込んでいきます。
ご家庭で甘酒作りやみそ作りをご家族の皆さんで一度楽しんでみませんか。しお糀も簡単に作れて便利で美味しい万能調味料です。手造りの安全安心な物が出来て、おいしく頂ける幸せを感じてみてください。

小松屋のおみそや甘酒は糀が決め手!!

糀(麹)づくり

小さな味噌屋にしかできないことを続けて・・・

明治10年創業の小松屋は以来140年余りせいろ糀<室蓋式 製糀法>にこだわり、 お味噌にしても甘酒にしても特に糀が命と言われており、洗米から出糀まで4日間かかる手作業に丹精込め妥協を許さず頑なに守り続けています。

明治・大正時代からのせいろ<木箱>が小松屋の命です。

この糀づくりは、
米洗い→浸漬→水切→蒸し→放冷→種付→床もみ→盛り(胴積)→広げ(切返し)→仕舞仕事→夜中も温度管理→出糀
と昼夜を問わず一回一回温度・気候に応じて手作業で丹精込めての職人技です。

糀(麹)づくり

 

「糀」と「麹」2つの漢字が…どっちなの?

「こうじ」には「麹」という漢字と「糀」という国字(和製漢字)があります。
「麹」は主に原材料に麦や大豆を使ったもの。「糀」は米に花が咲いたように生えるカビを見てつくられた国字なので原料に「米」を使ったものを指します。
一般的にこうじをすべて「麹」と表記する場合もありますが小松屋では米を原材料にして発酵させるので「糀」と表記しています。

5代目が醸す手造りせいろ糀(生)です。

カレンダー

2019年9

1
2
3
4
5

6

7
8 9 10 11

12

13 14
15

16

17 18

19

20 21
22 23 24 25 26
27
28
29 30





休業日 味噌の量り売り1割増量日 出糀日(予約可)糀予約完売       


当店の糀は完全予約制です。ご入用の方はお電話にて、事前に当店までご予約ください。(TEL:079-245-0014

出糀日については、多少変更することがあります。

※糀の受け取りは13時以降にご来店下さい。

2019年10



1
2
3

4

5
6 7 8 9

10

11 12
13

14

15 16

17

18 19
20 21 22 23 24
25
26
27 28
29
30
31


休業日 味噌の量り売り1割増量日 出糀日(予約可)糀予約完売

       

※祭り時季に伴い、1日~11日迄は毎日糀の予約を受け付けております。(日曜日は定休日です。)
※14日は祝日ですが営業します。

当店の糀は完全予約制です。ご入用の方はお電話にて、事前に当店までご予約ください。(TEL:079-245-0014

出糀日については、多少変更することがあります。

※糀の受け取りは13時以降にご来店下さい。

小松屋のつくる

手造りせいろ生糀

 要予約 

お味噌や甘酒、しお糀作りの素となる「生糀」。
小松屋自慢の手作り「生糀」を使って、ご家庭で手作りのお味噌や甘酒作りをお楽しみください♪

「生糀」のお買い求めはこちらから ⇒ 

❁特に生糀について・・・

                                先に決算されてしまうと困ることがありますので

                          必ず入力前にお電話にて又メール等で

                        お問い合せ頂くなりされてからご注文(入力)をお願いします

                               誠に勝手なことのようですが、ご理解頂きましてどうぞご協力お願い致します。

                                お問い合せ等は   フリーダイヤル   0120-45-3128 をご利用下さい。

TOPへ戻る